匿名無料で不動産会社や税理士・弁護士をご紹介する不動産くらべる君不動産相続の豆知識:贈与・相続とは

不動産相続の豆知識:贈与・相続とは:ご自分や親族の不動産の価値がどれくらいなのか気になるけれど、家族には知られたくないので変な業者へは相談したくない。そんな時こそ不動産くらべる君!匿名無料で不動産情報に最適な不動産会社や弁護士・税理士をご紹介致します。

メールでのお問合せはこちら

不動産くらべる君

不動産のくらべる君TOP >> 不動産相続の豆知識 >> 贈与・相続とは

不動産相続の豆知識【贈与・相続とは】

相続とは、亡くなった人の財産上の地位を、親族などの相続人が受け継ぐことをいいます。亡くなった人を「被相続人(ひそうぞくにん)」、財産を受け継ぐ人を「相続人」といい、相続は死亡によって開始されます。相続が開始した場合、相続税の申告は十ヶ月以内にしなくてはなりません。 贈与には、生前贈与、死因贈与、遺言による贈与(遺贈)があります。

相続問題

相続紛争の中で、一番多いものは遺産分割です。特に不動産は均等に分割することも難しい場合が多く、不動産をいかに相続人で分けるかという問題が紛争になりやすいようです。民法900条では、各相続人の法定相続分を規程しています。

@.配偶者と子が相続人の場合
 配偶者二分の一、子二分の一(数人いる場合は均等に分ける)。

A.被相続人に子がなく、配偶者と直系尊属(父・母など)が相続人になる場合
配偶者三分の二、直系尊属三分の一。

B.被相続人に子もなく、直系尊属もいない場合で、配偶者と兄弟姉妹が相続する場合
配偶者四分の三、兄弟姉妹四分の一。

C.相続人が既に死亡している場合
代襲相続という制度により、相続人が相続欠落または相続廃除で相続権を失っている時は、その相続人の子が代わって相続することができます。

D.愛人の子(嫡出でない子)の場合
嫡出子(@の子)の二分の一というのが民法の規定です。これは最高裁でも合憲と判定されました。

贈与のポイント

@.生前贈与
特別受益(結婚のためや生計費として相続人が生きている間に貰った金額)は、遺産分割の際に相続分よりその額を差し引きます。

A.死因贈与
「自分が死んだら○○に△△をあげる。」等の契約書によるものが一般的です。

B.遺言による贈与(遺贈)
相続人の遺留分を侵害すれば、相続人は減殺請求が出来ます。
遺留分は・・・直系尊属のみが相続人の場合は三分の一、その他の場合は二分の一

不動産で相続税は減らせ!

遺産相続には相続税がかかり、結構な額になってしまいます。
しかし、相続税は不動産で減らすことが可能です。 遺産での相続税における土地の評価方法は、 納税者間における課税の公平性や簡便性を重視して方法であるため、相続税における土地の評価額は実情とは著しくかけ離れた金額になってしまうことがあります。 例えば自分の不動産が、不特定多数の人の通行する道路に面している場合、その道路自体に路線価という価格が設定されていて、それを基に価格を評価されるのですが、その道路に面している土地において最も利用効率の高い土地と同様に計算されてしまいます。
しかし、土地の形状は千差万別で、上記の土地よりもなんらかのマイナス要因(形状が特殊、がけ)等を含んでいることが多いのです。 これを見つけ出して土地の評価額に反映させることが現地調査の目的です。まずどういった不動産なのか現地調査を行い、それに基づいて減額項目を見つけるので確実な節税が見込めます。
失敗できない一発勝負の遺産相続では相続手続きを誰に依頼するかによって大きな違いがあります。 相続は自分でもできますが、相続税の節税や、納税資金の捻出について、相続に慣れた専門家に依頼することで、遺産問題の不安を解消することができます。遺産相続には、税理士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、司法書士など様々な専門家(相続コーディネーター)が必要になります。

信用できる業者を探す!

ページトップへ