匿名無料で不動産会社や税理士・弁護士をご紹介する不動産くらべる君不動産の主な法律と税金

ご自分や親族の不動産の価値がどれくらいなのか気になるけれど、家族には知られたくないので変な業者へは相談したくない。そんな時こそ不動産くらべる君!匿名無料で不動産情報に最適な不動産会社や弁護士・税理士をご紹介致します。こちらでは不動産の主な法律と税金をご紹介します。

メールでのお問合せはこちら

不動産くらべる君

不動産のくらべる君TOP >> 不動産の基礎知識 >> 主な法律と税金

不動産に関する法律は、民法の他、不動産登記法・農地法・借地借家法・建物の区分所有などに関する法律・建築基準法・都市計画法・消費者契約法・税金関係の法律など多岐にわたります。その為、プロに相談するのが一番ですが、ポイントは自分でも知っておくに越したことは無いでしょう。

税金

借地・アパート

新築・増改築

不動産売買

●登記免許税
●不動産取得税
●固定資産税
●都市計画税
●所得税
●相続税
●贈与税  ・・・等
●民法
●借地借家法
●旧借地法
●旧借家法
●消費者契約法  ・・・等
●民法
●建築基準法
●都市計画法  ・・・等
●民法
●不動産登記法
●マンション法
●宅地建物取引業法
●農地法  ・・・等

不動産の税金について

不動産の購入や売却の場合、税金がいくらかかるのが事前に検討しておくのは大事なことです。また、控除や軽減措置といったものもあるので、十分に検討して節税をするようにしましょう!
例えば居住用財産の買換えで、売却損が出た場合には、所得の損益通算ができ、所得税が大幅に安くなります。

物件の費用だけではなく下記の様な税金がかかることをお忘れなく!

●不動産を購入又は新・増築した場合
不動産取得税、登録免許税(登記で必要)、印紙税(契約書に貼る)、消費税、地方消費税、贈与税など

●不動産を保有している場合
固定資産税、都市計画税、地価税、不動産貸借の場合の不動産所得に係る所得税、住民税、個人事業税、消費税、地方消費税など

●不動産を売却した場合
譲渡所得に係る所得税、住民税、登録免許税、印紙税

●不動産を相続した場合
相続税、登録免許税

●不動産の贈与を受けた場合
贈与税、不動産取得税、登録免許税

不動産の主な税金紹介

印紙税
印紙税法に定められた一定の文書に課税されます。記載金額が1万円未満の場合は非課税
登録免許税
不動産の購入で所有者の移転登記をするときなどにかかります。その他、保存登記、抵当権設定などの登記もあり納税が必要
不動産取得税
土地家屋の購入、家屋の建築、贈与、交換などで不動産を取得した時に、取得した人に課税されます。
固定資産税
固定資産課税台帳に所有者として登録されている人に普通徴収の方法で課税される市町村税です。
都市計画税
原則として、都市計画法による市街化区域内で、1月1日現在、土地や家屋の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている人に課税されます。
土地・建物等の譲渡に係る所得税
個人が土地や建物を譲渡して生じた所得に対しては、他の所得と分離して、所得税と住民税がかかります。居住用財産の譲渡の特例あり
贈与税
身内などから時価よりも著しく低額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらった場合などにも適用されます。
相続税
親族などが死亡したことにより、財産を譲り受けた者(相続人)が負担します。
 
 
信用できる業者を探す!

ページトップへ